鹿児島から屋久島までなんで13時間も要するのか。


種子島を経由する際に、港に7時間停泊するからだ。 長時間の船旅は結構きついかもしれない。

種子島を出航したのは朝の5時過ぎ。

船が動き出したのが体に伝わり、起き上がって甲板に出て、朝の空気と種子島の大地を目に焼き付けた。

目から見える景色がすべてブルーに包まれていて、海上にいるにも関わらず水中にいるような錯覚に陥って、船が海を切って進むときに出るしぶきの音以外、聞こえない静かな朝だった。

屋久島が船の窓から見え始めると、みんな興奮して一斉に甲板に駆け出した。

「おおおおおおお。」

それぞれに感嘆の声を上げて、カメラのシャッターを切っていた。

洋上はものすごい風が吹いていて、何かにつかまっていないと飛ばされてしまいそうだった。

客室で知り合った大阪の人が記念撮影を試みようとしていたけど、カメラが風に飛ばされそうになって断念していた。

屋久島につき、荷物を整えたら、目的を果たすためにまたそれぞれの道へと一歩前進していった。 今回も交差点の前で二人に別れを告げた。

二人は島の北側。 俺は南側。 また屋久島で会うかもしれない。 北海道で会うかもしれない。 いやきっと会うんだろう。

だから名残惜しさは感じなかった。 別れのあいさつは決まっていたんだと思う。

「じゃまたな」

磁石が反発するかのようにお互いに反対方向へ進んでいった。

屋久島は意外とでかく、外周が105kmある。 フェリーが到着した港から目的地の安房までも20kmある。

屋久島に連休を利用してくる場合は安房がおすすめだ。

登山がメインの場合は別だけど、観光に来るには色んな場所へのアクセスも良く、お店もそろっている。

バックパッカーズに到着した後、スタッフに島での過ごし方を聞き、今日の計画を練った。 登山は時間的に難しかったため温泉に行くことにした。

親切なスタッフの方に途中まで車に乗せてもらうことになった。 温泉までの道の途中に有名な滝があるといい、休憩時間にも関わらず寄り道して案内して頂いた。

自転車、まして徒歩では辛くて行けない場所だったので本当に良かった。

ドライブ中も屋久島の事を教えてくれ、地元の人と話すことの大切さを教わった気がした。

降ろしてもらった場所から温泉まで10kmあり、干潮の時間まで2時間はあったので、屋久島の自然を見ながら散歩することにした。

満潮時には海中に沈んでしまう温泉。

「平内海中温泉」

海岸の岩がごつごつした場所に源泉が湧いていて、良い具合に浴槽ができている。 しっかり硫黄の匂いもしていて、42℃ぐらいの適温。 目の前には海と雄大な森林が広がっている。 これぞ極楽だ。

磯に温泉があるから舟虫がうじゃうじゃいて、それが気になる人は無理かもな。

温泉を楽しんだ後、バス停まで歩き始めたらスコールが襲ってきた。 てくてくと道路を歩いていると反対車線に車が止まった。

雨に濡れるのもお構いなしに走り出していた。 車のドアを小突いて話をさせてもらう。

「すみません、ものすごい雨でしてこのざまです」

無残な状態にかわいそうな若者感を演出した。

「どこまで行くの?」
「安房までです」
「歩いてかい?」
「はい」
「トレーニングしてないんだったら乗せてってやるよ」
「いいんですか?乗ります!!」

助かった。 バスを待っていたら精神が崩壊するところだった。

わざわざ元来た道を引き返し、20kmはあるだろう距離を乗せて頂いた。

乗せて頂いた方は東京出身で、俺と同じように自転車で屋久島に旅をしに来たことがあるそうだ。 その旅で屋久島に触れて、ここが自分のいる場所だと感じ、東京の仕事を辞めて屋久島に永住することにした。

自分の探していた欠片が屋久島に埋もれていたのかもしれない。

話を聞きながら、俺も旅で訪れる場所に自分の欠片が埋もれているのかなと思った。 それはそこに住みつくことではなく、自分らしく生きるヒントが見つかること。

宝さがしの地図のようなものが。

夕飯はお金を使って外食をすることにした。 何日かは息抜きのため、外で食べるのもいいかと思ったから。

スタッフの勧めで近くにある小さいレストランへ。 ドアを開けると8割は観光客でにぎわっていて、店員はてんやわんやで忙しなく動いていた。

地のものを食べるため飛魚のから揚げ定食を注文した。 小鉢も2個ついていてボリュームもあった。 飛魚の姿揚げは絶品だ。

魚のうまみが口に広がり、衣と肉の歯ごたえがいい。 ぺろりとたいらげてしまう。 明日も来たい、そんな店だった。


o0800060011305570730