昨日の夜の騒ぎが嘘のような静かな朝がやってきた。


相変わらず浅い眠りですっきりした朝ではないけど、鉛のように重い体を無理やり起こし身支度を始めた。

自転車を漕ぎだして1時間すると、岡山県備前市にはいる。 川沿いには田んぼが広がり、土手沿いを走りながら風景を眺めていた。

焼き物をつくる土と土壌の豊かさは関係があるのだろうか。

岡山市街には11時ごろにつき、軽くコンビニで昼食を済まし、12時過ぎに岡山観光に繰り出した。

岡山駅で待ち合わせた知人のユキさんに岡山を案内してもらう。

誰かと一緒に行動するのは精神的に落ち着くね。 会話が弾むことが、鬱積している一人旅の寂しさを晴らしてくれる。

最初は日本三大庭園の一つである後楽園に行った。 風流な庭園をぐるっと散歩しながらおしゃべりし、2人それぞれに写真を撮りまくる。 ひたすら写真をとる。林家ペーパー並に写真とる。

蒸し暑い午後だったけど、たまに庭園に吹き抜ける風が心地よさを運んでくれた。

面白かったのは庭園内に梅林や、茶畑、田んぼがあって収穫をしていたこと。 若干、拍子抜けする部分もあったけど、庭園の多角化事業という観点から良しとしよう。

園内の日陰で小一時間ぐらい休憩をし、倉敷市に電車で移動した。

駅から少し歩いた場所に、白壁で有名な美観地区があり、大原美術館に足を運んだ。

残念ながら閉館時間を過ぎてしまい、入れなかったけど、時代劇に出てきそうな街並みを堪能できた。

美観地区に流れる水路の両端には柳の木が並び、水路沿いのベンチできび団子を食べた。

夜は地区内に古くからある焼き鳥屋で色んな話をした。 夜は夜でまた風情がある。ガス灯のような明るさに柳の木が照らされ、古い店並びにはぼんやり提灯が灯っていた。

ユキさんには本当にお世話になった。 不思議な一日だったけど楽しくて幸せな一日だった。

今度は自分がお世話したいな。 ありがとうございました。


o0800106711242573777